個人さま向け動画制作サービス

ご訪問いただき誠にありがとうございます。
このブログはビデオエフズ名古屋がのんびりと運営しております。
ぜひウェブサイトにもお越しください。

ビデオエフズ名古屋 ウェブサイトへ

高架下の廃墟│名古屋高速

名古屋

名古屋高速の高架下は有効利用されてない

名古屋高速の高架下は、有効に利用されているとはいえないと思います。

公園になっていたり、バスケットコートやゲートボール場になっていたりするのですが、どこもあまり利用されていないように思います。特に公園が利用されているのを見たことがありません。

写真は千早交差点付近の高架下です。

名古屋高速の高架下が廃墟っぽい理由

この公園が廃墟っぽく見えるのは、人がいないからとか遊具が古びているからというより、空間の作り方がシュールというか、最初から公園を作る気がサラサラないのがあからさますぎるからだと思います。

なんか、遊具同士や、遊具とベンチが離れすぎていますよね。これだと親御さんは安心して子供を遊ばせられないんじゃないでしょうか。低予算で(設置物を最小限にして)広い空間を埋めようという意図が最優先されているように感じます。

1990年代の名古屋高速高架下

1990年代半ば頃だと記憶していますが、この高架下がホームレスの人たちの小屋で埋まった事があったと思います。

公園が作られたのがその前だったか後だったか記憶にないのですが、ホームレスの小屋を排除した跡に残ったのが廃墟のような公園というのも、ディストピアもののSFに出てきそうな話です。

そもそも街の中心に広大な「デッドスペース」を作っておいて、「勝手に使うな、しかし有効にも使わない」というのは、一市民として大変残念に思うのですが、いかがでしょうか。

JRの高架下は有効利用されている

すぐ近くを走るJR中央線の高架下は、昔から店舗や倉庫として利用されています。どういう条件で貸し出されているのかは知りませんが、店舗はユニークだったりおしゃれだったり、特徴のあるところが多いように思います。

混んでいることが多いので最近は足が遠のいているのですが、この並びに一軒、非常に安いのに美味しいお店があり、長いこと通いました。

名古屋高速の高架下も、もっと有効に使うことはできないのでしょうか。

少なくとも廃墟感、ディストピア感を軽減するようなことは、やる気さえあればできるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。ビデオエフズ名古屋では出張写真撮影も承っております。ぜひご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました