近所の古墳│一本松古墳と八幡山古墳

写真日記

私の散歩コースにも古墳があります。今回はじめて一本松古墳へ行ってみました。

一本松古墳

一本松古墳は、名古屋工業大学の敷地内にあります。存在は知っていたのですが、大学の中ということで、今までは近くを通っても立ち寄ったことはありませんでした。

いざ行ってみると、公道からすぐのところにありました。下の写真の手前が公道、階段の上が開けっ放しの通用門で、そこからすぐです。

古墳の周りはきれいに整備されていて、広い休憩スペースもあります。

一本松という名前の由来は、この松と関係あるんでしょうか。

同大学の学生に伝わる伝説として、古墳に登ると留年する(単位を落とす)というものがある。 その為、大学生協の食堂前という好立地にある小さな丘であるにもかかわらず、古墳に上ったり腰かけたりして昼食を取る学生はほぼ皆無である。

一本松古墳-Wikipedia

こういうジンクスは大学によくありますね。

頂上。かなり高いという感じがします。季節が良ければ、ここで食事したら絶対気持ちいいと思います。

裏側(?)からのショット。

階段の反対側にある石塁。

八幡山古墳

一本松古墳から少し歩くと八幡山古墳があります。鶴舞公園と道を挟んで隣接しています。

古墳内に立ち入ることはできませんが、周囲360度が道路になっていて交通量も少ないので、何年も前からよく散歩で立ち寄っています。

ここは桜の名所でもあります。堀の両側に植えられた桜が満開になると見事です。古いipodで撮影したので写りがよくありませんが、下の写真は昨年の満開の様子です。

秋もなかなかきれいです。下の写真は2013年の10月。ただ、最近ネコはあまり見かけない気がします。

コメント